うつにはいろいろな種類がある|仮面うつ病など

婦人
  1. ホーム
  2. うつにかかりやすい性格

うつにかかりやすい性格

ハート

同じストレスを受けてもうつ病になる人とならない人がいます。その人の気質によってうつ病のかかりやすさが違うのです。うつ病になりやすい性格について何種類か挙げていきたいと思います。
第一に、真面目な性格の人は、うつ病になる確率が高いといえます。社会生活ではいろいろな種類の悩みをかかえることは難しくないですが、その悩みに関してすべて真面目に取り組むことで解決できると考えてしまうという方は注意が必要です。自分だけでは解決できないことがあると知り、問題によっては適度距離感や時間が掛かる種類のものもありあます。自分がもっと頑張れば今の状況が改善すると気負わずに、周囲の状況を含めて考えていくことが大事です。
真面目な人と通じる部分がありますが、完璧主義タイプもうつ病を発症しやすいといえます。仕事を仕上げてももっと完璧に仕上げなければと悩んだり、テストで良い点数を取っているにも関わらず素直に喜べずにもっともっといい成績をと考えてしまうといったタイプは気をつけましょう。今よりいい仕事をして成果をあげたり、成績が良くなることはとてもいいことですが、それにとらわれすぎて現在の状況に納得できなくなってしまってはストレスが溜まる一方です。今より技術などが上がったとしても、更なる課題がでてくるのが自然だということを知り、完璧過ぎることは求めない方が良いと知りましょう。
自分の意見があまり言えないという人もうつに羅患しやすいといえます。日本人は特に周囲との調和が大事だと考え、自分の意見を言えなくなってしまうということもあるかと思いますが、問題の種類によっては、多少意見がぶつかったとしてもあとで状況が改善することも多いです。自分が意見を言わないほうが物事がうまく進むという考え方だけではなく、思ったことは素直にいうことも大事です。何か思ったことがあるのに素直に言えなければ、自分の中にかなりのストレスを溜めてしまいます。自分のためにも周りのためにも、意見を言うことがプラスになると知りましょう。
他人の評価がかなり気になるという人も、うつ病になってしまう可能性が高いです。人の評価を気にするあまり、自分の行動を制限してしまったり、人に少し何か言われただけで物事を深刻に捉えてしまう傾向がある人は、考え方を少し変えたほうがいいかもしれません。世の中にはたくさんの種類の人がいますので、どんな行動を取ったとしても、多少の批判が出てしまいます。批判は少なく出来ても、なくすことは出来ないと知り、心に余裕のある生活を心がけましょう。
うつにかかりやすい代表的な性格をいくつか挙げていきましたが、当てはまる部分があるという人は考え方を変えていくと症状を未然に防ぐことができます。思考回路や性格はすぐにはかわらないので、気長に取り組むと良いでしょう。また、家族や身の周りにこのような性格の人がいる場合は、少し注意して見てあげるといいかもしれません。